男の人

事業譲渡で得られる働き口|独立したい人への支援と情報

海外での事業展開

インドネシア

日本には将来的に独立をして会社設立をしたいと考える起業家が数多く存在します。情報通信産業が活発化したことによって、20代で会社設立をする若者も増加傾向にあるのです。ITベンチャーを立ち上げて、国内で少数精鋭の会社経営をするのも良いですが、グローバルな事業展開を考えるのであればインドネシアに進出して会社設立をするのも1つの手段だといえます。海外進出は東アジアがブームとなっていましたが、インドネシアの様な南アジアにも会社設立をする起業家が増えてきているのです。インドネシアを拠点にするメリットとしては消費市場の規模が大きいという点があります。日本とは異なり、人工が増加傾向にある国なのでそれに比例して消費者も増えてきているのです。
消費者のニーズに沿うような商品やサービスを提供できれば多額の利益を上げることもできるでしょう。潜在顧客を引き出すこともビジネスを成功させる大きな要素なのです。また、インドネシアは他国に比べて土地の費用や工場設立の費用がかなり安いというメリットがあります。労働賃金も非常に安いので、人件費もかなり安く抑えること可能です。物価も安いので現地で資材を調達することも容易なのです。上記のようなメリットに加えて法人に課せられる税率も非常に安く設定されているので、事業展開がしやすいともいえます。外資優待税制を利用できれば、優待処置も受けられるのでしっかりと確認しておくと良いでしょう。既にインドネシアへ進出した企業を頼れば、現地でのノウハウを得られることもあるのです。