女の人

事業譲渡で得られる働き口|独立したい人への支援と情報

海外での事業展開

インドネシア

南アジアに属するインドネシアは工場を設立する費用や、土地自体の費用が非常に安く設定されているので会社設立をするには適している環境だといえます。また、賃金も安いので人件費を安く抑えたい起業家にも最適なのです。

もっと見る

会社を譲り渡す注意点

オフィス

国内では少子高齢化や晩婚化などに影響により中小企業の事業を親族や子供、役員などに事業承継できないケースが増加傾向にあります。このような場合によく活用されるのがM&Aと呼ばれる事業譲渡なのです。M&Aは日本語では合併と買収の意味を現しています。現在では事業譲渡の約40パーセントがM&Aとなっているのです。買収をする企業は取り引き先とのコネクションや経営のノウハウをそのまま自社に吸収できるという大きなメリットがあるのです。また、新規の経営資源を確保することになるので会社としての基板を強化することにも繋がります。事業譲渡の対象となるのは上記のような無形財産だけでなく、設備や建物といった有形財産も含まれているのです。
また、事業の存続に必要不可欠な人材や、会社が持っていた特許権や商標権もこれに該当しているのです。事業譲渡の制度を活用すればビジネスの1部のみを他社に譲り渡すことも可能です。会社そのものを売買する株式会社では上記の様な方法は活用できないので、これは事業譲渡の大きな強みだといえるでしょう。このようにメリットの大きい事業譲渡ですが、少なからずデメリットも持っています。それは手続きが複雑で時間と手間がかかってしまうということです。また、働いている写真は1度退職してから新しい会社に入りなおすという形になるので、戸惑うことも多いでしょう。ですが、倒産とは異なり更に大きい会社へと生まれ変わることにあるので雇用条件などはこれまで以上に安定しやすいという考えた方もできるのです。

法人に便利なサービス

クレジットカード

普段の生活で何気なく使用しているクレジットカードですが、実は法人向けのカードも存在しているのです。これまで領収書やレシートを貰って計上していた経費も電子データに移行されることで非常にスムーズになったといえます。

もっと見る

若い頃に取り組む起業

ミーティング

IT業界やweb業界の発展に伴ってベンチャー起業などの新しいビジネスモデルを武器に起業する人が増えてきました。大阪でも起業を考えている人は少なからず存在するでしょう。起業をする際は開業支援制度を活用することで経済的負担を軽減できます。

もっと見る